クラウド蓄電池システム
Total Energy Solutions

クラウド蓄電池システム

「ソーラー+蓄電池」がシンンプルに連携。電気をかしこく使って、毎日の安心と快適をサポート。


マンガで読むクラウド蓄電池

クラウド蓄電池システムについてのお問い合わせはこちら


蓄電池導入検討のポイント

蓄電池の導入を検討する際のポイントは下記の3点です。


  • 1、ハイブリッド型と単機能型
  • 2、蓄電池の容量
  • 3、停電時の電気の使い方「全負荷」または「特定負荷」

1、ハイブリッド型と単機能型

蓄電池導入にあたり、まず考えるべきは現在提案を受けている機種、あるいはこれから検討する機種がどんなタイプの蓄電池なのか、を見極める必要があります。なぜなら、蓄電池にもいろいろなタイプがあり、各メーカーによってさまざまだからです。

大きく分けて2つのタイプがあります。「ハイブリッド型」と「単機能型」です。


ハイブリッド型

太陽光発電システムの一部として機能する蓄電池のことで、パワーコンディショナーが太陽光発電システムと共用で一台で済むようになっています。蓄電池の導入をご検討の方のほとんどの方がお求めのタイプがこれになります。


単機能型

太陽光とは無関係に設置する、大型の蓄電池のことで、単純に電力会社の電気を充電する機能が付いているものになります。太陽光発電システムが設置されていないお宅向けのタイプです。どちらかと言えば、公民館や集会所などの公共施設向きで、住宅(特に太陽光発電システムが付いている住宅)には向きません。


フレキシブル型

上記とは別に、フレキシブル型と呼ばれる機種があります。一部メーカーの太陽光発電システムは、電気的な特性が原因で、上記「ハイブリッド型蓄電池」が設置できない場合があります。その場合に提案できる、言わば「ハイブリッド型」と「単機能型」との中間機種として販売されているものですが、機能的にはかなり制限されたものになります。


2、蓄電池の容量

次に検討すべきは電池の充電容量です。
各メーカーで大容量から小容量まで複数の電池容量のラインナップが出されていますが、どの容量が良いのかの基準は、設置ユーザーのお好み次第です。
大は小を兼ねるので、時代が変わり電気の使い方が現在と異ってきた際に、大容量の方が「つぶしが利く」ということは言えますが、ハイブリッド型であれば、太陽光発電システムと連動させますので、大容量にこだわる必要はないとも言えます。

いずれにしても、消防法の規制で「4800mAhを超えてはいけない」というルール下のもとで新設あるいは設置後の増設が可能です。


3、停電時の電気の使い方(「全負荷」または「特定負荷」)

日常の電気の使い方は、太陽光発電システムと何ら変わりはありませんが、停電時の電気の使い方が機種によって異なります。大きく分けて「全負荷」と「特定負荷」の2種類に分けられます。


全負荷/停電時200V機器対応

停電しても分電盤に電気を供給するので、家中どこでも電気が使えます。
さらにエアコンやIHクッキングヒーターなどの200V機器も使えます。

特定負荷/停電時100V機器対応

停電時には、あらかじめ決めた専用配線のみ(冷蔵庫の近くなど)電気が使え、電気の使い過ぎを防げます。


電気をためて賢く節約

夜間の割安な電力を蓄電して昼間に使用するなど、賢く電気代を節約できます。

太陽光発電システムと連携させれば、発電して余った電力を蓄電したり、発電量の少ない時間帯に蓄電池から供給したりと、便利さが広がります。


平常時暮らしに合わせて選べる多彩なモード

エネルギーの自給自足を目指し、環境に配慮 [クリーンモード]

昼間、太陽光発電で余った電力を蓄電し、発電量が少ない時間帯などに使用。太陽光で作るクリーンな電力をより多く使うことができ、電力の購入も抑えることができます。

※蓄電・自家消費を優先し、さらに余った電力は売電します。

※クリーンモードを選択中でも、「夜間充電あり」を選択すれば、夜間の割安な電力で充電します。


売電しながら節約、家系をサポート [経済性モード (自動/時刻指定)]

太陽光発電で余った電力は売電し、夜間の割安な電力を蓄電。ためた電力は、発電量が少ない朝夕などの時間帯に使用できるので、割高な電力の購入を抑えることができます。

「自動」設定
昼の割高な時間帯で買電中に自動放電
「時刻指定」設定
昼の割高な時間帯の買電中で、放電開始時刻をおこのみで設定

シャープのシステムはダブル発電にならないので、太陽光発電のみの場合と同じ、余剰電力買取価格がそのまま適用されます。


充電を優先し、非常時に備え [充電モード]

蓄電池への充電を優先的に行います。地区電池残量が少ない場合や、非常時に備えて、蓄電池残量を増やす場合に使用します。

※充電完了後、待機状態となり、24時間経過すると経済性モード(自動)に移行します。


停電時電気を使える暮らしをサポートします

日中は作った電気を、夜は蓄えた電気を使用します

太陽光発電システムで発電しながら、余った電気を蓄電します。夜は蓄電池から電力供給を行い、テレビや照明などを接続した機器を一定時間使用することができます。


M様邸一般住宅

所在地 福岡県筑紫野市
クラウド蓄電池を設置した理由 昔から蓄電池には関心があった。太陽光発電と蓄電池とで少しでも孫たちの世代に良い環境を残すことができたら、と考えました。太陽光発電を増設する際に一緒に導入させていただきました。
クラウド蓄電池を使用してみて シャープの太陽光発電と蓄電池は連動しているので、自動で太陽光の発電と蓄電池の充放電を切替してくれるからすべてお任せで安心。エコテックシステムさんは家からも近いので、安心してお任せできますね。

K様邸一般住宅

所在地 福岡県福岡市
クラウド蓄電池を設置した理由 原発なしの世の中の実現に向けて、少しでも力になればと考えて太陽光発電と一緒に設置を決めました。また、電気なしの生活は不可能だと考えていますので、災害時のことも考えて導入しました。
クラウド蓄電池を使用してみて 蓄電池があるおかげで、夕方会社から帰宅したら夜10時まで待たなくてもナイトタイム料金。
夜遅くまで家事(特に洗濯と食器洗浄機)を待たなくても良くなったので、早く就寝することができるようになり快適です。

クラウド蓄電池システムについてのお問い合わせはこちら

製品に関することは
お気軽にお尋ねください!

お電話、またはお問い合わせフォームより
お問い合わせください。

他メーカーからのお取り替えも承っております