クラウドHEMS
Total Energy Solutions

クラウドHEMS

電力見える化システムが、さらに進化!
「クラウドHEMS」で効率的なエネルギーマネージメントを実現!


HEMS(Home Energy Management System)

「太陽光発電システム」と「リチウムイオン蓄電池システム」両方の導入をお考えの方は「HEMS」の導入も一緒に考えた方が良いです。これは、すでに「太陽光発電システム」を設置済みの方が「リチウムイオン蓄電池システム」を設置される場合も同じです。

「HEMS(Home Energy Management System)」という機器の本来の用途は、家のエネルギーの「見える化」にあるわけですが、「HEMS」単体に商品価値はありません。しかし、他の住宅設備とHEMSとを連携させることで初めて商品価値が生まれるという、一般の方には非常に馴染みが薄い商品です。

「HEMS」単体で導入を考える人はまずいないと思われますが、「太陽光発電システム」と「リチウムイオン蓄電池システム」がある家の場合、そこに「HEMS」を導入すると、システム全体の価値が上がります。つまり、システム全体の使い勝手が良くなり、機能が増えて便利になるのです。

「太陽光発電システム」と「リチウムイオン蓄電池システム」と「HEMS」が連携すると、IoT(Internet of Things)やAI(人工知能)を駆使した次世代型システムにシステム全体がグレードアップすることになるので、当社では太陽光発電システムと蓄電池システムを設置するお客様には、必ずHEMSの併設をお勧めしています。


クラウドHEMSの機能について

HEMSの機能① 自動制御

HEMSと連携することで、太陽光発電システムと蓄電池システムは運転モードの切り替えを、天気予報や太陽光発電の発電状況、家の電気使い方の傾向を学習し、自動で行うようになります。(注意:一部のHEMS製品はこの限りではありません)

HEMSは24時間家の電力消費を見ています。太陽光や蓄電池の充放電の状況も24時間見ています。よって、家の電気の使用状況や発電・蓄電などの状況がグラフで都度確認できます。

重要なのは、ここで得られた「発電」「蓄電」「消費」のデータを活用して別のサービスや機能が使えるようになることです。

たとえば、24時間家の電力消費を見ていることを活用して、現在契約している電気料金メニューとは別の電気料金メニューを当てはめて電気料金を計算してくれるような機能があります。(=電気料金シミュレーション)もしも試算が現在の電気料金よりも安くなるのであれば、契約を安価な新会社に乗り換えればよいわけです。


HEMSの機能② 電力見える化システム

HEMSは24時間家の電力消費を見ています。太陽光や蓄電池の充放電の状況も24時間見ています。よって、家の電気の使用状況や発電・蓄電などの状況がグラフで都度確認できます。

重要なのは、ここで得られた「発電」「蓄電」「消費」のデータを活用して別のサービスや機能が使えるようになることです。

たとえば、24時間家の電力消費を見ていることを活用して、現在契約している電気料金メニューとは別の電気料金メニューを当てはめて電気料金を計算してくれるような機能があります。(=電気料金シミュレーション)もしも試算が現在の電気料金よりも安くなるのであれば、契約を安価な新会社に乗り換えればよいわけです。

より進んだメーカーのHEMSでは、「発電」「消費」「天気予報」を組み合わせて、1時間毎に蓄電池の充電と放電を制御する機能を持つものがあります。この機能を使えば、

夜中電力会社からの電気で蓄電池を40%充電して、翌日の昼間の太陽光の余剰電力で残り60%分を蓄電池に貯める、それをHEMSが判断して自動で切替えるというような使い方が出来るようになります。


HEMSの機能③ 遠隔操作機能

HEMSは24時間家の電力消費を見ています。太陽光や蓄電池の充放電の状況も24時間見ています。よって、家の電気の使用状況や発電・蓄電などの状況がグラフで都度確認できます。

重要なのは、ここで得られた「発電」「蓄電」「消費」のデータを活用して別のサービスや機能が使えるようになることです。

たとえば、24時間家の電力消費を見ていることを活用して、現在契約している電気料金メニューとは別の電気料金メニューを当てはめて電気料金を計算してくれるような機能があります。(=電気料金シミュレーション)もしも試算が現在の電気料金よりも安くなるのであれば、契約を安価な新会社に乗り換えればよいわけです。

より進んだメーカーのHEMSでは、「発電」「消費」「天気予報」を組み合わせて、1時間毎に蓄電池の充電と放電を制御する機能を持つものがあります。この機能を使えば、

夜中電力会社からの電気で蓄電池を40%充電して、翌日の昼間の太陽光の余剰電力で残り60%分を蓄電池に貯める、それをHEMSが判断して自動で切替えるというような使い方が出来るようになります。


製品に関することは
お気軽にお尋ねください!

お電話、またはお問い合わせフォームより
お問い合わせください。

他メーカーからのお取り替えも承っております